2台あった車を1台手放してみた話

2〜3年程前に、2台あった車を1台手放してみました。
・・・という話を今頃してみます。

 

車の維持費

車 手放す 交通手段 ミニマム

当時は三重県在住で車はひとり1台が当たり前の土地でした。
幸いわたしの自宅は駅から徒歩圏内でしたのでまあ、なくても大丈夫かな・・・
でも、車がないとちょっと不便くらいの場所でした。

以前の記事お金の不思議な話で仕事をやめた話を書きましたが
車通勤していた仕事も辞めたし、その頃下の子の幼稚園がバス通園だったのもあり
思い切って手放してみようと思いました。

子どもが小さい頃は
しょっちゅう病院に行かないといけなかったり、またその病院が遠かったり
移動の時間を算出できない程、忙しかったので車はとても助かりました。

その頃上の子が小学生だったので
小学校入学とともに、車に子どもを乗せる頻度が少なくなることが分かっていたので
これからは絶対に車が必要っていう訳でもなくなってくるなと思いました。

そんなこんなで
絶対に必要でないものを持っているのはどうなんだろう・・・というところから
維持費を何となく計算してみたり
車のない生活をイメージしてみたりしました。

わたしの計算では
駐車場代・ガソリン代・保険代・メンテナンス代・車検代などで月あたり数万円かかることがわかりました。
何となく便利そうという意識で所有するには高すぎるなと感じました。
そのために働くのは、ちょっと違うなとも感じました。

 

見積もり依頼

車 見積もり 買い取り

楽天市場の楽天オートを知り、見積もりを依頼しました。
そこから見積もりをしてもらった後に買い取りが成立すると3000楽天ポイントがいただけるとのことでした。
車が売れてポイントももらえるなんてラッキーと思って申し込みました。
楽天ではよく買い物をしていたのもあって、申し込みやすかったです。
(ポイントは当時のものです)

田舎なので、見積もりにこられたのは2社でした。
2社とも同じ時間に来てもらうことで、お互いがぎりぎりまで買い取り金額を上げてくれるとお聞きして
同じ日の同じ時間に来てもらうように設定しました。

車のことがあまり分からないわたしだけでは不安だったので
夫にも立ち会ってもらいました。

お昼の11時ごろから男性3人の取引がはじまり、
いろいろ交渉などもして
『せーの!!』で2社同時に値段をみせてもらうという形式に落ち着きました。

 

買い取り価格の決定

車 買い取り 価格

2社のおふたり共が会社に確認をとったりしていました。
その間、わたしたちも落ち着かず、
部屋のなかを行ったり来たり
漫画みたいだな〜と思いつつ、うろうろ。。。

ついに40分がたち
『決まりました!!』と伝えられ
『せーの!!』で価格を見せてもらいました。

2社の価格差は20万円にも及びました。
わたしの車は『ミラcocoa』という車で、新車で120万円くらいしました。
それを1年乗ったところだったのと、状態が良かったのもあり
1社の方は100万円という値段を提示してくれました。
もう1社は相場の80万円でした。

わたしたちは100万円でcocoaを手放すことにしました。

 

手放してよかったかどうか

車 手放す タクシー

【ここでちょっと計算】
わたしは20万円で1年間車を使えたという計算になります。
高くは売れましたが、年間20万円もタクシーに乗るか?と聞かれると
普通の金銭感覚では首を横に振ることでしょう。
車を所有するということはそういうことなんだなと改めて感じました。
今は、よく歩くようになり、運動にもなっています。
今は奈良に住んでいますが、引っ越しの時には駅前を選ぶことを第一条件にしました。

 

まとめ

地域によっては、ひとり1台車がないと交通手段としてなりたたない所もあると思います。
ようは、何を大事にして暮らすか?ということだと思います。

時間を大切にしたい場合は車でビューンと素早く移動することが選択肢として上がってくると思いますし、
運転が苦手な場合はタクシーを使うのも手だと思います。

また、違った視点で見れば車を所有することこそが喜び!という場合もあると思います。
あなたにあったライフスタイルで心地よく暮らしてくださいね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です