5月20日(土)ライフオーガナイズチャリティーイベント開催

こんにちは。

4月も半ば。とても過ごしやすい季節ですね♪

そんな季節なのに、わたしは最近hu-ruの会員になってしまいお外に行けない状況になっています(笑)

月々980円なので「見ないと損だわ」ということで、暇があればhu-ruにかじりついています。

今は、2015年に終ってしまったアメリカのテレビドラマ『メンタリスト』にはまっています^^

ジェーン役サイモン・ベイカーの魅力に取り付かれています〜。

気づいたら朝になっていることが3回くらいありました。

かなり面白いです〜!!

 

そして、そして今日は重大なお知らせがあります!

なんとっ

今年ライフオーガナイザー協会の大きなイベントを奈良ですることになりました〜!!

詳細はライフオーガナイザー関西チャプターHPで紹介しています!

わたしもスタッフとしてイベントを盛り上げていきます^^

5月20日は、なら100年会館へお越し下さいね!

ご予約制となっております。

お手数ですが、一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会までお申し込みをお願いいたします。

皆様のお越しをスタッフ一同心よりおまちしております!

 

 

スタッフ会議&お茶会の様子

【おしらせ】

お片付けサポートは一旦募集を締め切らせていただきました。
たくさんのお問い合わせありがとうございました。

 

【雑誌掲載】ぱ〜ぷる3月号『働きたいママへの知恵袋』でコラムを書きました!

こんにちは。

ライフオーガナイザーふるすみです。

今日25日発売の奈良のタウン情報誌 月刊ぱ〜ぷるの3月号に掲載していただきました。

今回は、『働きたいママへの知恵袋』というテーマでコラムを書きました。

『ぱーぷる』サイトはこちら

内容は片づけやすく家事が楽にできる仕組みです。

最近、新築へのお引っ越しのときの収納プランをさせていただくことが多いのですが、片づけやすい仕組みは家事も楽にするんですー!

毎日使う場所を使いやすくモノを配置することで、その場で完結できることが増えていきます。

意志力=ウィルパワーなのですが、ウィルパワーをあまり消費しないで家事ができると本当にやりたいことに着手できる可能性が高まります。

人生の質を高めるためにも、片づけやすい仕組みつくりができればいいですね♪

 

奈良のみなさま!

ぱ〜ぷるを買ってくださいー!!

コンビニ・スーパーへgoですー!

よろしくお願いします!

(この号だけすごい売れてるなーと思ってもらえると、また私が誌面に登場できるかもですー!どうぞ応援よろしくお願いいたします!)

 

お片づけサポートのレポートをお届けしています。

お片づけ作業、今日も行かせていただきました。

だいたい、毎月5~10名さまのお宅をご訪問させていただいています。

一人でやっているので、あまりたくさんはこなせません。

 

お片づけの作業が終ったら、報告書としてレポートを郵送しています。

ビフォ−アフターを写真で見れたら、

「これだけ進んだ!」と達成感にもつながるのではないかと思っています。

多少お待たせしてしまうのですが、

『目標は10日以内に郵送すること』にしています。

 

ゆるく待っていただけるとありがたいです。

 

 

仕事の実態をお届けしました^^:

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

 

 

 

終了しました!シニア世代の方のためのお片づけセミナー

シニア世代(プラチナ世代)の方を対象とした片づけセミナー

先日、ご縁があり、お話しさせていただく機会に恵まれました。

50名の方に参加していただき、片づけに対する関心の高さを改めて実感しました。

 

シニアって一体何歳から?

最近、60代70代の方に出会う機会が増えてきましたが、

みなさん、とてもお若い方ばかり。

シニアって一体何歳から???

シニアって呼んでもいいのかしら???

なんて思ってしまいます。

 

WHO世界保健機関では、65歳以上を高齢者と定義しています。

 

65歳の方・・・

本当にお若い方ばかり。

うむ~。シニアって呼ばれて嬉しい方っていないかも??

ライフオーガナイザーの先輩は、シニア(シルバー)とは呼ばないで

プラチナ世代と言いかえている方が多いです。

新しいステージへ!!

プラチナの輝きを持って次のステージへ!!

 

だって、今までの長い人生で培った様々なこと、伝えられる人ですもんね。

お孫さんや、再就職の場、ボランティアの場などで

言葉や振舞いや、考え方・・・

色んな視点から伝えることができる人だと思います。

 

 

プラチナ世代の方へ向けての片づけ講座

シニア 片づけ 奈良

おこがましくも、人生の先輩方に向け講座を担当させていただきました。

最近、終活目的で片づけをしたいというお客様からのお問い合わせが増えています。

恥ずかしながら終活のこと、ほとんど知らなかったので調べてみました。

 

終活って?

主な事柄としては生前のうちに自身のための葬儀や墓などの準備や、残された者に迷惑がかからぬよう生前整理、残された者が自身の財産の相続を円滑に進められるための計画を立てておくことなどが挙げられる。これは週刊誌『週刊朝日』から生み出された言葉とされており、同誌元副編集長の佐々木広人が生みの親とされる。

Wikipediaより引用

 

しかし、最近は少し意味合いが変わってきているようです。

終活とは、平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います。
一般社団法人終活カウンセラー協会HPより引用

 

今をよりよく生きるための活動ってすごくいいですよね!!

終活大好きになりました。

今回のシニアのためのお片づけ講座もこのような視点からお話しさせていただきました。

自分らしく生き生きと暮らすことで、

おのずとまわりの方も感化されますよね。

お片づけでストレスフリーな毎日を送るための環境をつくることで

よりよい人生のお手伝いができればと思っています。

参加してくださったみなさまありがとうございました。

 

 

お片づけの達人になれるクイズ!

片づけ 方法 ライフオーガナイズ

これからおかたづけについてのクイズに答えていただきます。

全問正解でおかたづけの達人になれます!!

さあ!!チャレンジ!!

 

片づけたい!!と思ったらどうすればいい?

第一問

1:収納グッズを買う

2:とにかく捨てる

3:理想のお部屋のイメージを紙に書く

 

片づけの作業はどう進めれば良い?

第2問

1:床に落ちているものを積み上げる

2:とにかく押し入れに押し込む

3:片づけたい場所のものを全部出す

 

第3問

1:面倒なのでものをあまり見ないでその辺に収納する

2:時間がかかりそうなので、人のものまで全部捨てちゃう

3:ひとつひとつ手に取って、自分の基準で分けていく

 

第4問

1:家族のものが多くて邪魔だから、捨てちゃう

2:テレビで1年使わなかったら捨てた方がいいといわれたから捨てる

3:使わなくても大切なものなので、宝物入れに入れておく

 

収納はどうしたらいい?

 

第5問

1:お部屋を測らないで収納グッズを買う

2:収納グッズは絶対買わない

3:収納グッズは利き脳や自分の特徴を知ってから買うようにする

 

第6問

1:引き出しにはスキマなく詰め込む

2:手に届かないところに普段よく使うものを入れる

3:普段使うものは使うお部屋に収納する

 

第7問

1:子どもには理想を押し付ける

2:子どもは適当で大丈夫

3:子どもにも子どもの価値観がある

 

維持はどうしたらいい?

 

第8問

1:出したら戻すのが面倒だから、その辺にぽい

2:片づけるのが面倒だから捨てる

3:片づけやすいように仕組みをつくる

 

第9問

1:埃大好き

2:便利だから買っちゃおう

3:これ欲しい!!でも置く場所がないから今は買わない

 

第10問

1:記念日以外にあの子に似合うからプレゼントしようと思って買う

2:これもったいないから、娘にあげよう

3:自分がいらないものは他の人もいらないかも・・・聞いてからあげよう

 

いかがでしたか??

 

そうなんです。

お気づきの通り、全問3番が正解です。

でもこの正解も、別の世界では不正解になることもあります。

その時その時で臨機応変にいられたらいいですね。

 

いろいろ情報が飛び交う中で

あなたはどの情報を選び取りますか??

自分らしくあるために、日頃から選び取ることが大切ですね。

 

選び取る事

それがライフオーガナイズ!!

 

 

転勤やマイホーム購入でのお引っ越しの時にやること

こんにちは!ライフオーガナイザー古角みほこです。

先日、引っ越しオーガナイザー門野内絵理子さんの講座にお邪魔してきました。

 

「片づけの勉強って、そんなに何回もせなあかんの?」ってよく聞かれるんですが、

お片づけの世界って本当に奥が深いんです。

人の数だけやり方があるので、これで十分!って思える日は来ないんじゃないかなと思う程。

職人さんのように、ずっと腕を磨いていく世界なのかなと感じています。

 

 

引っ越しの時にやること

引っ越しオーガナイザー門野内絵理子さん

ネットで調べると「引っ越しやることリスト」っていうのがたくさん出てきますよね。

転居届やライフラインのこと、お隣さんへのご挨拶のことなど。

手続き関係は期限が決まっているから、最重要事項です。

 

ライフオーガナイズの場合は、それともう1つ大事なことをします。

それは、思考とモノの整理、そして引っ越し先のプランニングです。

突然の転勤や、とても遠方の場合は、引っ越し先の採寸はできませんが

思考とモノの整理はしたいところ。

 

講座ではこの辺を深く教えていただきました。

 

 

思考やモノの整理

多くの人はこんなことをあまり考えずに暮らしています。

「どんな風に暮らしたいか」

「どんな自分になりたいか」

 

こんな風に考えていませんか?

「みんなが、これがいいと言っているから」

「この部屋にはこれがあるのが当たり前でしょ」

「流行っているし、便利そうだから買おう」

 

今まで上手くいかなかったのは何故か?

どうしたら上手くいくのか?

今までのパターンからちょっと違う目線で暮らせるお手伝いができるのが「思考の整理」です。

 

引っ越しの時は、

ご家族はもちろん、引っ越し業者さんにもわかるように

どこに何を置けばいいのか?ということがパッと見ただけでわかるようにすること。

 

思考の整理をしていると、

なぜそこに置くのか?ということと、理想の暮らしが連動してくるので

入居後、とてもスムーズに生活ができるようになります。

 

どこに何を置くのかすぐにわかって

誰でも対応できるようにするために

事前の準備に時間とエネルギーをかけます。

それが引っ越しオーガナイザーのお仕事です。

 

 

実は、わたしも引っ越しには苦労しました。

引っ越しオーガナイザー門野内絵理子さん

引っ越しオーガナイザー門野内絵理子さんは、引っ越し経験11回。

へーすごい!と思っていましたが、思い返してみるとわたしも結構引っ越ししてるなと思いました。

独身時代4回、結婚後4回の計8回でした。

 

みほこちゃんのマイストーリーでも書いているのですが

わたしは、ライフオーガナイズを知るまでは実は1度も片づけに成功したことがなかったんです。

 

引っ越しは全てライフオーガナイズを知る前だったので、本当に大変なものでした。

 

結婚後はじめての引っ越しは、夫婦2人分のものが1つの家に集まって、さあこれをどうするの?

という問題にかれこれ1ヶ月くらいは悩んでいたかもしれません。

お互い仕事ばかりしていて、「どんなインテリアが好き?どんな暮らしがしたい?」なんて考えたこともなかったから、家具を買うのも迷う迷う!

段ボールの山に嫌気がさした頃、通販雑誌の表紙に載っていたリビングの家具をまるごと購入しました。その頃、部屋の採寸とかしたこともなかったので、組み立て家具が入らない(泣)なんてこともあって本当に大変でした。

家具も買って段ボールもなくなったけれど、その家具が固定式の棚だったから入れたいものがきちんと収まらず、斜めになったり横向きに入れたりと、騙し騙し暮らしていました。

 

引っ越しオーガナイザー門野内絵理子さんのお話を聞いているうちに、その頃の記憶が鮮明に蘇ってきました。

すぐに忘れるのが得意なわたしですが、

当時を思い出してしまい、とても恥ずかしかったです。

 

 

 

引っ越しオーガナイズで得られるもの

引っ越しオーガナイザー門野内絵理子さん

ランチで食べたクリームフォンデュ

 

当時のわたしのようにならないで欲しい!そう強く思います。

引っ越しオーガナイズをすると、入居後2日目から普段通りの暮らしが実現します。

引っ越しは、モノや暮らし方を見直すチャンスです。

環境を整えて、理想の自分に向かっていくことをお手伝いするのがライフオーガナイザーの仕事です。

 

転勤やリフォーム・マイホーム購入に伴うお引っ越しの際は、ぜひ引っ越しオーガナイザーへご相談くださいね。

お問い合わせ:引っ越しオーガナイザー門野内絵理子さんまで

 

引っ越しオーガナイザー門野内絵理子さん

ながおさんを道連れに食べたデザート♡

ライフオーガナイザーの役割って奥が深いなぁと、さらに実感した日でした。

 

今日はこの辺で!

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

鈴木尚子さんが大阪に!2016年ライフオーガナイズチャリティーイベントご報告

2016年のライフオーガナイズチャリティーイベントは大盛況で終了いたしました。

今回は、250名を超えるお客様にお越し頂きました。

遠くからご参加いただいた方もいらっしゃって、本当にありがとうございます。

 

 

やっぱりめちゃ人気鈴木尚子さん

始まる前は、カメラの撮影は禁止というお達しがありましたが

実行委員側で

『せっかく鈴木尚子さんが来てくれているので、講演が始まる前にカメラタイムを設けます』

と変更のアナウンスがながれました。

 

 

すると、一斉にパシッ パシャッ パシッ パシャッと

すごい勢いでみなさん、お写真をとっておられました。

その勢いに圧倒されそうになりながらも、わたしもパチリ。

関西 チャリティー 鈴木尚子さん

1関西 チャリティー 鈴木尚子さん

やっぱり、おきれい。

鈴木尚子さん。

わたしが、ライフオーガナイザーになるきっかけは

鈴木尚子さんの本を読んだからです。

今日は、そのことをご本人にお伝えできるチャンスに恵まれ直接お話することができました。

そして、熱い握手をしてくださいました。

予期せぬことにびっくりしました^^;

 

尚さんのお話

【私の未来は自分で決める!】〜人生は選べる〜

 

このお話は

時に感動、時に驚き、時に笑。

バランスが丁度良く、50分のお話でしたがあっという間でした。

会場のみなさんの尚さんへの眼差しがめちゃめちゃ熱かったことを感じました。

セミナー後の質問は、とても深いものが多く時間内では聞きたりない程の挙手の数でした。

それもそのはず、尚さんが自分自身のことを自分で見つめて乗り越えられてきたから。

嘘偽りのない自分をさらけ出しているから、多くの人の心に届くのだと思います。

 

 

利き脳リレーはとっても盛り上がりました

利き脳って、知れば知る程おもしろいなぁと思います。

今回は4タイプの利き脳の収納実例を4人ずつご紹介していただいたので

計16実例を見ることができました。

 

16実例もみると、やはり利き脳って参考になるなと感じます。

そして、最近『極左脳』の場合、『右右脳タイプ』と紙一重になるという話を聞きました。

たしかに、それだと辻褄が合うことばかり。

左左脳タイプの方に細かく仕切ったり、ラベリングを一通りやって覚えたら

ラベルなしでも感覚的に取り出したり、ぽいと収めたりするというお話を聞くことがあります。

なんでもやっぱり、繋がっているのですね。

 

 

収益は寄付しています

会場費など経費を除いた収益はすべて寄付しています。

寄付先は関東東北大震災と熊本の震災です。

詳しくは一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

 

 

そうそう、イベントのテーマは『CHANGE!』でした!

今日から、明日から

「変わりたい」と思った時に、誰でもいつでもどこでも変われる

そんなお話の1日でした。

 

わたしは本当に、片づけで人生変わると思っています。

それには条件があって、本気でものとお金と時間と向き合った方だけ。

ひとりでは向き合えないときは、わたしたちライフオーガナイザーがサポート致します。

いつでもSOSしてくださいね。

 

 

 

 

 

「捨てるからはじめない」でも自然に減る片づけの方法

片づけるのが難しいとよく言われるポイント5つ

・何からはじめればいいのかわからない

・どこからはじめればいいのかわからない

・何を捨てればいいのかわからない

・家族がやってくれない

・気力がない

 

まず、どんな暮らしがしたいか

自分に聞いてみてください。

紙に書けたら書いてみます。

絵が描けたら最高ですね!

 

小さなところから片づけてみます

引き出しひとつ。

まず全部出してみます。

出したものをひとつひとつ手に取ってみてつぶやいてみてください。

・それはどんな時に使うものですか?

・それを持つとどんな気持ちになりますか?

 

分けたら自然と物が減ってませんか?

前項でひとつひとつ、ものを手に取ってみて分けていただきました。

すると、不思議なことに引き出しに戻すものが減るのです。

それは、「もういらない」だったり、

「捨てる」だったり、「あげる」だったり

「別の部屋へ」だったりします。

 

実はお片づけってこの繰り返しなんです。

分けたらほとんど片づいちゃいます。

ぜひやってみてください♪

 

 

 

 

状況に応じた片づけのゴール 片づけには段階がある 

片づけの段階

片づけようと思う時に目指すゴールは近いほどしんどくないです。
今お部屋の状況はどんな状況なのかを見極めることが大切です。

お部屋にストレスがたくさんある時に
モデルルームのような『ステキ』なインテリアを目指すと
どこから始めればよいものかとげっそりしますよね。

そんな時は
階段をひとつ登ることをゴールに設定すると片づけスイッチが入りやすいですよ。

 

ストレスフリー編

例えば
『引き出しの中のものが出しづらい』だったら
引き出しに入れるものを少なくしたり、仕切りをしたりします。

ゴミ箱の蓋が壊れていて、開け閉めの時に『いらっ』とする時
→ゴミ箱の蓋を修理する
→ゴミ箱の蓋を取ってしまう
など、いらっとポイントを改善することがストレスフリーへの第一歩です。

ひとつ『いらっ』とポイントが改善されると
他の『いらっ』とポイントも改善したくなります。

 

 

スッキリ編

ある程度ストレスフリーな状態になったら、次はスッキリの階段をのぼります。
スッキリもその人によって、ひとりひとり違うのでここはご自分の価値観を信じてください。
ご自分がスッキリと感じるなら、それがスッキリしたお部屋です。

美容室に行く時には
スッキリしたいなぁと思って行かれると思います。
この『スッキリ』は『髪の毛を減らす』ということにあたります。

お部屋の場合なら
ものを減らすことがスッキリをつくるポイントになると思います。

ものの減らし方はこちらを参考にしてみてください。
▶︎▶︎▶︎「捨てるからはじめない」でも自然に減る片づけの方法

 

ステキ編

 

スッキリの階段を登った後は
ご自分の好きなインテリアを取り入れたり、
収納用品をワンランクUPさせたりしてみてください。

 

すてきなお部屋になること間違いなしですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

利き脳片づけ術って?右脳左脳の優位性を使った片づけの方法とは

利き脳片づけ術について

ライフオーガナイザーは
必要に応じて片づける時に脳タイプも参考にしています。

もちろん、すべての人に当てはまることではありません。
しかし、当てはまるとすごく腑に落ちるようです。

 

利き脳とは

私たちには利き手、利き足があるように脳にも利き脳があると言われています。
どちらが使いやすいかを知ることで、自分のことをより知ることができます。

 

利き脳のタイプ

脳タイプは主に
『右脳』タイプ
『左脳』タイプがあります。

 

右脳タイプの特徴

ひらめき
直感
芸術性
創造性
空間的
全体を見る力
同時的情報処理
図形を読み取る
音楽を聴く

 

左脳の特徴

話す
聞く
分析力
論理力
科学的思考
推論
言語認識
計算
数学理解力

 

片づけで必要となる能力

 

ものを分ける・要不要の判断(右脳・左脳)
空間の把握(右脳)
用途・使用頻度の把握(左脳)
片づけのスケジュールを組む(左脳)
ものの大きさや形に合わせた配置(右脳)

右脳左脳それぞれ得意分野があり、
相互が作用し合って
片づけが進むんですね。

 

利き脳チェック

 

《指組》

指組絵

利き脳片づけ術より
親指が下になっている方がインプットの利き脳です。
インプット=ものを探す行為

重なった親指が右が下の方は【インプット右脳】となります。

右脳さんは感覚的に探します
重なった親指が左が下の方は【インプット左脳】となります。

左脳さんはラベルなど文字情報で探します

 

 

《腕組み》

利き脳チェック☆

利き脳片づけ術より
腕が下になっている方がアウトプットの利き脳です。
アウトプット=ものを収納する行為

腕を組んだ時に下が右になる方は【アウトプット右脳】となります。

右脳さんは、ざっくり戻す方法がおすすめ
腕を組んだ時に下が左になる方は【アウトプット左脳】となります。

左脳さんはきっちり戻せる収納がおすすめ

 

 

参考にした書籍


『ライフオーガナイザー2級講座のサブテキストにもなっている
片づけと収納が楽になる仕組みづくりライフオーガナイズもっと心地いい暮らし方』


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会
代表理事の高原真由美著
『利き脳片づけ術』

 

最後に

いかがでしたか?

ご家族、職場でやってみてくださいね。