【リビングクローゼットの整理収納】小学校のお子さんが自分で管理できる収納方法

こんにちは!ライフオーガナイザー古角みほこです。

この記事は【リビングクローゼットの整理収納】育児も仕事も快適に暮らすコツの続編です。

小学生のお子さまが使いやすいようにクローゼットを整えました。

 

クローゼットのハンガーパイプの高さを調節してみよう

一般的なクローゼットのハンガーパイプの位置は床から1700~1800mm。

どう頑張っても小学生低学年のお子さまには届きません。

そこで、麻ひもや長めのS字フックと突っ張り棒などを使ってハンガーパイプを2段にする方法があります。

商品としても買うことができます(収納の巣)↓


パイプの位置をずらすだけで、劇的に使いやすくなります。

 

モニターさま宅ではこんな感じで整えていきました

ビフォーのお写真はこちらです。

リビング収納 クローゼット

まん中から上段は、文具や書類などを収められています。

下段はお子さまのおもちゃを入れておられました。

使っていないものもおありだとのことで、こちらを一度出して見直すことに。

リビングで使いたいおもちゃを選んでいただき、別の場所へ移動しました。

 

 

こちらのスペースが空いたので、小学生のお子さまの収納スペースにすることにしました。

ここだと、ハンガーパイプの位置も届きます。

 

 

前回はこんな感じで使われていておられました。
グループ分けはきっちりされているのであとは高さの問題だけでした。

クローゼット 子ども バー

 

 

アフターのお写真はこちらです。

子どもクローゼット

もともと備え付けのハンガーパイプ置きがあったので、

バーの部分だけを100円で調達して、子供用ハンガーの完成です。

もともとあった棚やカゴを利用してハンカチから下着までざっくりとカゴに収納しました。

ランドセルやアウターも届く距離に配置。

習い事グッズはランドセル横のカゴに収納しました。

 

 

お客様のご感想

お客様

見違えたリビング収納に感動しつつ、なんともいえぬ安堵を感じつつ生活しております。

 

 

嬉しいご感想ありがとうございます!

そして、お片づけお疲れ様でした。

これからは楽チン身支度で、快適生活を満喫してくださいね♪

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です