珈琲は入れた後の手間をできるだけ省くワンドリップで

我が家の普段の暮らしは質素です^^:
ただ、珈琲だけはちょっとだけこだわりがあります。
自家焙煎のコーヒー豆を買って来て、飲む前に挽くとかはしていなくて
めっちゃスーパーで買っているんですけどね。

どこにこだわっているかというと
インスタントではなくレギュラー珈琲が飲みたいというところ。

珈琲 ワンドリップ 楽

家庭での珈琲の入れ方は3通り
●珈琲メーカー
●ペーパードリップ
●ワンドリップ

珈琲メーカーは水とコーヒー豆をセットすれば簡単に美味しい珈琲ができますが
機械なので、お手入れなどの管理や置き場所も必要なためうちにはありません。

ペーパードリップは以前はしていましたが、
夫婦で飲む分1杯分か2杯分をいれるだけなのになぁと
何となく違和感(?)があり
もっと後始末も簡単にできるワンドリップタイプへ。

ワンドリッップタイプは
水分を切ったら、そのままポイッと捨てられるから
後始末が超楽チンです。
食器洗いが苦手な方とかズボラさんにおすすめです。

ワンドリップタイプなら、
口が狭いので本格的な珈琲の入れ方は難しいですが
メーカーによっては雑味のない珈琲が家庭でも飲めます。

 

おすすめのドリップ珈琲

すみだ珈琲(見た目重視^^: )

THE COFFEE HOUSE BY SUMIDA COFFEE

 

ほっとできる時間って以外と大事みたいです

スポーツ会では『脱力トレーニング』というものがあります。
脱力ができると、ここ一番の時に本領が発揮できるそうです。
ほっとする時間は大切にしたいものですね。

珈琲とは関係ないし受け付けない人もいるそうですが、これおすすめです!!
(なんの話やっ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です