【小さい暮らし】無印頑丈ボックスに防災用水を保管

こんにちは!

今回は防災グッズについて書こうと思います。

みなさんは防災グッズはどう保管されていらっしゃいますか?

 

我が家は現在52平米ととても狭いマンションに住んでいます。

そのため使用頻度の低いものは、あまり置けないのが実情。

そこで、備蓄はローリングストック方式が役立ちます。

 

 

ローリングストック方式とは

簡単に言うと、ストックと備蓄を分けずに古いものから消費していくシステム。

普段より多めにストックしておくだけで備蓄になるよ!ということなんですね。

公共の施設のように備蓄に予算をとったり、スペースを確保したりということは普通の家庭では、なかなか難しいですよね。

普段と同じように暮らしながら、いざという時に困らないローリングストック方式はおすすめです。

 

 

それでも場所が足りない場合は?

我が家の場合そもそもスペースがなく、たくさんのお水をストックできません。

そこで活躍してくれているのが、無印のポリプロピレン頑丈ボックス。

これは屋外でも使用可能なので、我が家ではベランダで使っています。

2ℓのペットボトルが18本入ります。

こちらもローリングストック方式なので、賞味期限が過ぎてしまったなんてこともありません。

備蓄も簡単にできて安心できる仕組みを考えていきたいです。

防災 備蓄 保管 無印 防災 備蓄 保管 無印

こちらの無印のボックスは、とても大きいものなので、

通販で買えると自宅まで運んでもらえるので楽ですよね。

そこで、わたしはLOHACOを利用しています。

合計金額1,900円以上で送料が無料になるので、とてもありがたいです。

無印週間で買うのもいいのですが、それだと送料がかかってしまうので大きいものの場合はLOHACOが便利だなと思います。

 

栄養士さんも採用しているローリングストック法で

備蓄を楽にストックできたらいいですね。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です