奈良大神神社にお守り・お札の返納へ

お守りとかお札はどのご家庭にもありますよね。

今回はお片付けでご訪問したときに、諸事情によりお預かりしていたお守りを大神神社へ納めに行ってきましたので、感じたことを記事にしてみました。

 

お守り

人は誰でも一人では生きていけません。

誰かといても、「なんか寂しい」「なんか孤独」って思ってしまう時が誰しもあると思います。

また、どん底にいるときは何かにすがってでも助けて欲しいそう思ってしまいます。

神社は、「本来はお願いするところではなく御礼をするところ」なんて、聞くこともあります。

宮司さんに聞くとわかるのかもしれませんが、本当のところは神様に聞いてみないとわからないですね^^;

 

神様がいるのかいないのか、

いないと証明されていればいないと言えるのでしょうが、現代ではまだ、いないということが証明されていないそうで、今のところは科学的にも「神様はいない」とは言えないそうです。

だからといって、「神様はいる」とも言えないですけどね^^;

 

でも、何かをお守りにしたら

前を向いて生きていけるのだとしたら

それってめっちゃいいことだと思います。

 

それが神社のお守りであることが多いだけで、

神社のお守りを持っていなくても、

誰しも心になにかしらのお守りをもって生きているのではないでしょうか。

 

たとえば・・・

「おかあさん」

「おとうさん」

「ご主人」

「妻」

「ともだち」

「こども」

「偉人」

「メンター」

など

 

たくさんお守りがあってもいいやん

何かから守ってほしいときは

たくさんお守りがあってもいいと思います。

時間が経って、もう大丈夫になったら手放せばいいのですもんね。

 

そこで・・・

 

大神神社へ返納へ行ってきました!

お預かりしたお守りお札の数を数えたら・・・

なんと108つでした!

じゃんっ

片づけ 整理 奈良

 

そのお守りを袋につめて大神神社へ。

かたづけ なら せいり

今までお守りくださってありがとうございます!

・・・ときちんと返納させていただきました!

はじめての行為で、ちょっと緊張しました^^;

片付け 奈良 整理 収納

神社には、このようなお守りを納めるところがあります。

1年に1度のお正月にしか納められないと思われている方が多いと思いますが(わたしもそのひとり!)

いつでも大丈夫なのだそうです。

そして本来は買い求めた神社へ返納するのが望ましいのですが

もし遠方などの理由で困難な場合は、近くの神社でも大丈夫なのだそうです。

 

やっぱりご利益がある神社

奈良 片付け 整理

神様がいるとかいないとかは置いといて、

神社はいつもお手入れや掃除が行き届いていて、本当に美しいです。

わたしは特に用事がなくても、通りかかったら神社に行ったりすることがあるのですが

コレ!という願いが叶ったとかではなくても

美しい場所に行けることが、それ自体がご利益なのではないかなと感じています。

日本に生まれてありがたいなと日々感じております。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です