【春休みの家族旅行】明石焼体験&姫路城(白鷺城)に行ってきました

3月のお天気がいい土曜日に姫路城に行ってきました。

姫路城について

 

国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産となりました。

シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城。白漆喰総塗籠造りの鮮やかな白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴です。

今、私たちが目にしている姫路城の大天守は、慶長14(1609)年に建築されたもの。
400年以上が経過した現在でも、その美しい姿を残しています。

姫路城公式サイトより

築400年。
修復などを繰り返してほぼ創建当時のまま現存されているお城です。
同じように現存されているお城に彦根城があります。

 

姫路城までの道

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

この日は本当にお天気がよく、ちょっと歩くと汗ばむくらいの陽気でした。

ご存知の通り、お城にはエスカレーターなどはなく、ずっと上り坂。

階段もあります。

真夏はきついだろうなぁと感じながら、お城に臨みました。

 

雲ひとつない晴天は、姫路城の白を引き立たせていました。

 

昔昔は緊張の連続だったのでは・・・

途中あちこちにある、”狭間”

姫路城 明石焼 狭間

 

姫路城 狭間 銃 弓

狭間(さま)とは、おもに日本の城天守の壁面、などに開けてある防御用の穴や窓のこと。銃眼、砲門とも。内側から外側に向かって円形・三角形・正角形・長方形などの穴が開けられており、戦闘の際はそこから弓矢や鉄砲などで攻撃した。

Wikipediaより

 

城を守り、殿を守り、国を守る

毎日がスリリングで、ひとときも気を抜けないような日常。

天下をとっても明日は地獄かも・・・なんて

 

考えるだけで寿命が縮まります。

血圧が上がったり下がったり忙しかったのでは???

 

でも明日死ぬかもしれない・・・

って誰もが思っていたとしたら

それはものすごいことだと感じます。

きっと、本気度は現在とは比べ物にならないのでは?と感じます。

 

圧倒的な権力を握っていたとしても気を抜けない

常に刹那を生きている感じなんでしょうか。

 

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

平家物語

 

お城の中

姫路城 明石焼 現存

お城の中は、人がたくさんだったので

止まって撮影は難しかったので6階からの眺めをパチリ。

当時のハルカスですよね。

地下1階地上6階なんで、当時の高層ビルですよね。

石持ってくるのたいへんやったやろうなぁ。。。

もうね、すごいとしか思えません。

小学生のむすめは、

『アイス!アイス!!アイス食べたい!!!』これしか言っていませんでしたけどね。

子連れだと感動ばかりもしていられませんね^^

 

消火栓もステキ♡

姫路城 消火栓 姫路城 消火栓

消火栓って建物の雰囲気に合わせて色が違うスポットがあるんですよね。

こういう配慮にたまらなく”愛”を感じますね。

って書くとなんか変な人みたい^^

 

ちなみに、本町駅の消火栓はブルーでした。

タイルの色も好きなスポットです。

 

迎賓館もチェック!!

姫路城 迎賓館 姫路城 迎賓館

入れなかったのですが外観がとてもステキでした。

外から見るだけでうっとり。

こういう木の窓枠とかガラスの感じとか、たまりませんよね。

 

明石焼の体験

明石焼 姫路

明石焼の体験もさせていただきました。

くるっとひっくり返して、丸くしていきました。

たこ焼きよりはふわっとやわらないので、気をつけてまわさないと^^

 

 

姫路城データ

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

姫路駅北口から神姫バスに乗車し「大手門前」で下車または

JR姫路駅、山陽姫路駅から徒歩約20分

 

お城に着くまでにたくさんのお土産やさんがあります。

お城の中に入るとトイレがありませんのでトイレは入り口で済ませておいてください。

お城の上の方は風が強くて少し寒かったので、上着を用意された方がいかもしれません。

 

良い旅を♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です