中学生の関わり方

検索でこのBlogが「中学生」でヒットしていることが多いみたいで
中学生のことについて書いてみようと思いました。

 

中学生という時期について

よく思春期はアイデンティティの確立をする時期だと言われますよね。
これはエリクソンという心理学者が提唱した概念です。

エリクソンは生まれてから死ぬまでを8段階に分けました。
それぞれの段階に、出会う課題があります。
その課題をこなすことで、次の段階に繋ぐことができると言われています。
それを表にしたものがこちらです。

エリクソン発達段階
Wikipediaより引用

アイデンティティは
心理学の世界では自我同一性とされています。

自我同一性とは、
自分ってこんな人!!ってことが自分で分かること。
または、自分というキャラが確立すること。
という風にわたしは解釈して覚えています。

 

中学生の時期の特徴と課題

(3)中学校
○ 中学生になるこの時期は、思春期に入り、 親や友達と異なる自分独自の内面の世界があることに気づきはじめるとともに、自意識 と客観的事実との違いに悩み、様々な葛藤の中で、自らの生き方を模索しはじめる時期 である。
また、大人との関係よりも、友人関係に自らへの強い意味を見いだす。
さらに 、親に対する反抗期を迎えたり、親子のコミュニケーションが不足しがちな時期でもあ り、思春期特有の課題が現れる。
また、仲間同士の評価を強く意識する反面、他者との 交流に消極的な傾向も見られる。
性意識が高まり、異性への興味関心も高まる時期でもある。
○ 現在の我が国においては、生徒指導に関す る問題行動などが表出しやすいのが、思春期を迎えるこの時期の特徴であり、また、不 登校の子どもの割合が増加するなどの傾向や、さらには、青年期すべてに共通する引き こもりの増加といった傾向が見られる。
○ これらを踏まえて、青年前期の子どもの発 達において、重視すべき課題としては、以下があげられる。
人間としての生き方を踏まえ、自己を 見つめ、向上を図るなど自己の在り方に関する思考
社会の一員として自立した生活を営む力の育成
法やきまりの意義の理解や公徳心の自覚

文部科学省より引用http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/053/shiryo/attach/1282789.htm

書いていることを簡単にすると【子どもから大人に変わる時期です。
わたしたち大人も、転勤などで慣れ親しんだ土地を離れて暮らすとき
新しい土地になれるまで、人間関係やスーパーなどの日常生活などを新しく構築するとき
今までの常識で通用しないようなことや、新たな発見をすることがあると思います。
そんなとき、自分や暮らしを見つめ直して「どうしたらいいのか?」考えると思います。
中学生はちょうどそんな状況と似ているのではないかと思います。

 

大人の取るべき対応

”べき”という言葉はあまり使いたくなかったのですが
分かりやすくするため、あえて使いました。

中学生の状況がおわかりいただけたら、
関わる親はどんな対応をすればいいのかですが、

親がとる対応はその子によって全く異なると思うので
わたしが思うしない方がいいことをあげることにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしが思うしない方がいいこと4つ
●先回り
●過干渉
●ネグレクト
●過剰な暴力

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひっくり返すとコレ以外は全部大丈夫って思っています!!

 

親子で幸せになる方法

今までの心理学とか文科省とかの引用が台無しになるくらい衝撃的なことを言います!!
親子で幸せになれる方法は・・・

『あなたが生まれてきてくれてよかった!!』
『あなたが生きててよかった!!』

それだけを思って生きることです。
このマインドで生活すると、正直悩みなんてほぼなくなります。

成績のこと、友達が少ないこと、毛深いこと、どもること、暗いこと、彼女ができないこと

生きていると色々と問題はありますし、
他人と比べるとどうしょうもない自分にうんざりもします。

でも、生きている限りどんな考え方で暮らすのかを選べます。
うんざりしながら暮らすのか、
生きててよかった!ありがとう!と思って暮らすのか、
どっちを選びますか??

わたしは、かーっとなった時とか
イラっとした時は
必ず原点に戻るようにするようにしています。

難しいように思うかもしれませんが、原点に戻る簡単な方法は
「明日地球が全滅する」・もしくは「明日、自分が死ぬ」・「子どもが死ぬ」
って考えてみること。

明日になったら、すべて夢か幻だった。
という夢オチのような結末だったら、今をもっと味わいたくなりませんか?

あした死ぬのに、限られた時間をイライラして過ごしたらもったいないですよね。

子育ても盛りすぎず♪
貴重な1日なら、本当に大切なことができると思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です