【捨ててしまいたい衝動】やたらと旦那のモノが目につくとき。

いらっとするのが先か?

モノが目につくのが先か?

それはよくわからないですが、なんか旦那のモノが目につくときってありますよね。

それはどんな時?というのをわたしの感覚でまとめてみました。

 

01 自分だけがめっちゃ忙しいとき

 

仕事仕事仕事!

家事家事家事!

子育て子育て子育て!

PTA PTA PTA!

・・・・・・・・・本当に追い立てられてしまう時期ってありますよね。

 

そして、そんなとき例えば

本をしまおうとして、本棚がぎゅうぎゅうで「入らへん!」となったときに

「そういえば、旦那のモノが多い!」と改めて気づかされるとき。

(普段は見ないようにしていたのに、直視させられた感じ^^:)

 

02 旦那と喧嘩したとき

喧嘩した時は、旦那のモノも自分のモノもどうでもよくなってしまうかもしれません。

手当たり次第、壊してしまいたいということもあるかもしれません。

また、ストレス状態の時に片付けたくなる人もいます。

 

 

03 電化製品を買ったはいいが、箱をいつまでもとっておくとき

気持ちはわかるけれども。。。

一応、空箱置きを確保してあるのでそこに入れてもらえればいいのに

「いや〜、これは、1週間だけ置いとくやつやから」といって

1週間後に聞いても

「もうちょっと置いとこか」といってずるずる置いていくとき。

「箱も邪魔やけど、決心しないでずるずる放置はもっと嫌!」などなど。

 

 

解決策

01→とにかく休んでください!

たぶん、その状態ですと睡眠時間も少ないでしょうし、

頭を空っぽにゆっくりぼーっとする時間もないと思います。

まずは、体と頭を休めるのが大事だと思います。

元気になったら、好きなこと(映画とかケーキとか)をしてください。

気持ちにゆとりができたら、見方もかわってきませんか?

 

02→時間を味方につけよう

喧嘩などで頭がかーっとなっているときは

何を言っても裏目に出てしまいます。

そんなときは、一旦その場を離れて時間を味方につけるとよいでしょう。

冷静になったときに、自分の思っていることを伝えてみてください。

ホンネで向き合うときっとわかりあえると思います。

 

03→聞いてみよう

旦那さんに、箱の使い道を聞いてみましょう。

純粋にわからないことは質問するといいと思います。

もしかすると、

「これこれこういう理由があって、いつまでとっておきたい」というはっきりした理由を知ることができるかもしれません。

旦那さんも、聞いてもらうことで頭の中が整理されていくところもあると思います。

その上で、応援できるかできないか、

自分にできること、この住まいでできることを伝えることで

話し合いのスタートラインにたてるのではないかと思います。

 

まとめ

【捨ててしまいたい衝動】やたらと旦那のモノが目につくとき。

いかがでしたでしょうか。

片づけは気持ちと非常に密接しています。

旦那さまのモノが衝動的に捨てたくなったとき、もしかしたら別のところに原因があるのかもしれません。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました!

しなやかに生きる心の片づけ

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です