片付けをするときに収納用品から入らない方がいい理由

「収納用品もあるし、片付けの本もたくさん読んだ。」

「でも片付かない」

「維持できない」

そういう経験はありませんか?

もしかすると、それは収納用品から入っているからかもしれません。

 

片付けたいけど片付かない理由

収納用品から入ってしまう

「片付けよう!」と思った時に多くの人がしてしまう行動。

それは、「100均行こう」「IKEA行こう」と収納用品を買いに走ること。

収納用品はそれ自体が便利に感じてしまいます。

おまけにデザインもいいものが多いです。

「こういうのが部屋にあったらいいやろうな〜」

「これがあったら絶対片付くやろうな〜」と収納用品はテンションが上がりますよね。

 

しかし、いざ家に持ち帰ってみると

「あれ?入らない」

「あれ?蓋が閉まらない」

サイズが合わなかったり、開け閉めが楽にできなかったり・・・

 

そうなると、もったいないからと仕方なく使うことになったり

そこに必要のないものを、収納用品に合うからと入れてしまうことになりがちです。

 

収納用品に、入れるものを合わせることこそ片付かない大きな原因なのです。

 

 

ご両親から家具を頂いた場合

結婚のお祝いにご両親から家具を頂く場合が多いと思います。

しかし、それらを使いこなせない人は多くいらっしゃいます。

それは一体なぜでしょうか。

例えば、

・引き出し収納が不得意

・家具と自分の背が合わない

・引き出しやドアのの開け閉めがしにくい

・ライフスタイルに合っていない

など色んな理由が考えられますが、もしかすると利き脳タイプで解明できるかもしれません。

 

ライフオーガナイズでは利き脳タイプという手法を用いています。

タイプによって向いている収納方法があります。

収納方法が変わるだけで、片付けが簡単になることもあります。

 

 

 

では、どうすれば片付くお部屋になる?

遠回りに感じるかもしれませんが

一番はじめにすることは、片付けたいお部屋の使い方、動線などを見える化すること

どう暮らしたいのか?ということが明確になっていない時に

闇雲に収納用品を買ってしまうと

今度はその収納用品を置く場所をどこにするか?ということを考えないといけなくなって順番が逆になります。

 

洗面所にはタオルが必要だし、

トイレにはトイレットペーパーが必要。

寝室にはお布団が必要だし、

キッチンにはお鍋が必要。

そこまではごく普通のことです。
では、
玄関は?
リビングは?
納戸は?
パントリーは?

どんなふうに過ごしたい?どんな風に使いたい?

正直片付ける時に、そこまで考える人はなかなかいないと思います。

インテリアはもしかして決まっているかもしれないですが、

暮らし方までは細かく考えて片付ける人はいないかもしれません。

 

だけど、そこが一番大事。

それが決まれば、どれをどこにどうやって置くのかはおのずと決まってくるのです。

だから、収納用品からはじめない方がいいんです。

 

まとめ

『片づけをするときに収納用品から入らない方がいい理由』いかがでしたか?

次にお片付けをするときは

「どんな風に暮らしたい?」と自分に聞くことからはじめてみてください♪

収納用品はそのあとでも間に合いますから。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です