【片付けのコツ】収納用品から入らない方がいい理由

「収納用品もあるし、片付けの本もたくさん読んだ」

「でも片付かない」

「維持できない」

そういう経験はありませんか?

もしかすると、それは収納用品から入っているからかもしれません。

 

片付けたいけど片付かない理由

収納用品から入ってしまう

「片付けよう!」と思った時に多くの人がしてしまう行動。

それは、「100均行こう」「IKEA行こう」と収納用品を買いに走ること。

収納用品はそれ自体が便利に感じてしまいます。

おまけにデザインもいいものが多いです。

「こういうのが部屋にあったらいいやろうな〜」

「これがあったら絶対片付くやろうな〜」と収納用品はテンションが上がりますよね。

 

しかし、いざ家に持ち帰ってみると

「あれ?入らない」

「あれ?蓋が閉まらない」

サイズが合わなかったり、開け閉めが楽にできなかったり・・・

 

そうなると、もったいないからと仕方なく使うことになったり

そこに必要のないものを、収納用品に合うからと入れてしまうことになりがちです。

 

収納用品に、入れるものを合わせることこそ片付かない大きな原因なのです。

 

では、どうすれば片付くお部屋になる?

遠回りに感じるかもしれませんが

一番はじめにすることは、片付けたいお部屋の使い方、動線などを見える化すること。

どんなふうに過ごしたい?どんな風に使いたい?

正直片付ける時に、そこまで考える人はなかなかいないと思います。

 

だけど、そこが一番大事。

それが決まれば、どれをどこにどうやって置くのかはおのずと決まってくるのです。

だから、収納用品からはじめない方がいいんです。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です