【子供部屋の片付け】ランドセル・教科書・おもちゃ収納DIY

こんにちは。

最近DIY業界で話題のディアウォールを使って棚を作ってみました。

DIYやって正解でした♡子供部屋がとても使いやすくなりました。

ビフォーの子供部屋

現在4人家族で52平米の賃貸マンションに暮らしています。

(家族構成は高校生、小学生の子どもと夫婦です)。

引っ越ししてきたときには、「そんなに荷物がないから大丈夫」と思っていたのですが

やはりどんどん増えてきまして・・・

以前はニトリのカラーボックスと無印の仕切りを使った子供部屋の収納で十分だったのですけれど・・・

(あ・・・机の上散らかっていますね^^:)

 

梁があって凸凹な面でもできるのがディアウォールの棚

「こんな棚があればいいな〜」というモノを図に書いてみます。

そして、設置する場所を採寸していきます。

1:床から天井までの高さ

2:幅

3:床から梁までの高さ

など必要な部分をはかります。

 

材料はホームセンターで手に入ります

さっそく近くのホームセンターに行ってきました。
(机の上、ちょっと片づけました・・・^^:)

買った物は・・・

1:2×4が4本

2:ディアウォール4本分

3:スリットレール4本分

4:スリットレール用棚受 必要分

5:コンパネ合板 必要枚数(棚板に使いました)

木材は、1カット20円くらいなので切ってもらいました。

木材をカットしてもらうと、家に材料を持って帰ってから、組み立てるだけなのでとても楽でした。

今回は全部で12000円でした。

 

ディアウォールをつけて、スリットレールを取り付けます

ディアウォールは2×4の先にぽこっとはめて壁に取り付けます。

壁に取り付けた2×4にスリットレールを取り付けていきます。

(ドライバーとネジで取り付けます)

スリットレールが完成したら、好きな場所に棚受用金具を取り付けていきます。

そして、受けから棚板をのせれば完成!

 

ランドセルや教科書、おもちゃも収納できる子供部屋の棚が完成!

収納のポイントは、机の近くに教科書やランドセルを置く事です。

机に座っていながら、教科書がとれて、しかもランドセルに入れることが出来たら、明日の準備がとても楽になるのではないでしょうか。

ランドセルと同じ段に、給食エプロンや体操服などが置けるスペースがあれば、学校に行くときにさっと出かけることが出来ます。

まとめて置いておけば、忘れ物も少なくなりそうですよね。

 

捨てられない工作の作品などは上の方に飾ってみては♪

「工作でつくった作品ってどうしてますか?」っていう相談を受けることが多いです。

子どもが、鼻息荒くして、集中して作ったのを知っているからこそ・・・

親としては、悩むところなんですよね><

しかし、スペースは有限なのだ・・・・

 

我が家では、棚の上のスペースと横の壁を飾れる場所に決めています。

作って、飾って、満足してくれたら、教育上とてもいいですよね。

飾るスペースがいっぱいになったら、「残す」「残さない」「思いでコーナーへ」など取捨選択する機会を与えます。

子ども一人だと、ついつい遊びに逃げてしまうので、わたしと一緒に最後までやりとげてもらいます。

家で過ごしながら、クリエイティビティー、手先の器用さ、選択する力、やり遂げる力、片づけるということの意味などを学んでもらえているのではないかな〜と思いながら、子育てをしています。

片付けを切り口に、色々な力がつけられることを実感しています。

見守るポイントと踏み込むポイントのメリハリが大事なんですよね。

子育ては親育てだな〜と日々実感しています。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました!

 

【ただいま募集中のイベント】

詳細は一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会をご覧ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です