飲み忘れにくい内服薬の管理方法

こんにちは!ライフオーガナイザー古角みほこです。

季節の変わり目、体調を崩しやすい時期となっております。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、風邪などで病院にかかったときに処方されたお薬(短期間分)の管理方法をご紹介します。

 

袋に入ったままだと飲み忘れそう><

お薬って袋に入れてもらいますよね。

その袋に大事なことが書いてあるから、その袋のまま管理することが多いと思います。

だけど、袋のままだと薬を飲む時にアクションが多いような気がします。

 

内服薬 飲み忘れ 管理

 

 

ぱっと目について簡単に飲める仕組み作りで飲み忘れにサヨナラ

そこで、我が家では病院からもらってきた薬はすぐにこんな風にすることにしました。

内服薬 飲み忘れ 管理

 

カップの作り方は簡単。

綿棒が入っていたプラスチックの透明容器に

内服薬の全面を切り取り貼付けます。

 

こうすると、飲み方もぱっと見ることができるので安心です。

透明容器なので透けて見えるから右脳さんでも大丈夫です。

 

食卓の近くや必ず食事の時に触る場所(例えば食器棚の最前列とか)に置くとさらに便利です。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です