苦手な部分も凹むポイントも変わらないけど、回復力が3倍になりました。

最近、好きなことしかしていなかったから

自分がめちゃめちゃ変わった気がしていましたが、

実は苦手なことも、凹むポイントも全く変わっていなかったことがわかりました。

 

でも、変わったところもあります。

劇的に変わったポイントは

①凹みすぎなくなったことと

②苦手なことでも、そんなにストレスなくできるようになってきたこと

 

実は長時間人と一緒いることが苦手

以前のわたし

誤解がないように伝わればいいなと思います。

けして、人が嫌いなわけではないです。

むしろ大好きで、ずっと人とは一緒にいたいんです。(矛盾するようですが)

 

だから、色んな会に出席するのですが、

人に会うと、とにかくあらゆる場面で発見があります。

わたしの癖として、『思いついたらすぐ行動したい』ということがあります。

思いついたら、そのことで頭が一杯になってしまうんですね。

だから、それ以上仲間と一緒にいても、きちんと話が聞けなくなるし

やりたいことで頭がいっぱいになってしまって、

アウトプットしないとパンクしてしまうような感覚に陥ります。

『家に帰って早くとりかかりたい!』そういう気分ですね。

そのため、会が終わった瞬間に「お疲れさま〜」と、すぐに帰ったりするときもあります。

(毎回ではありませんので^^ 念のため)

もしかすると『付き合いが悪い人』と思われている面もあるかもしれません。

 

わたしにはこういう面がありますが、

わたしにとって、人と会うことはヒラメキとか発見を期待しているのかもしれません。

だから、意見を聞いてもらえない会議とか形だけの会はとてもつまらなく感じてしまいます。

大人になると、そういう会に参加しないことを貫くことは難しく、時には参加しないといけないことがあります。

そういうときに、わたしのテンションはがくっと下がります。(お恥ずかしい限りですが)

 

以前はそのような会の1週間くらい前から、なんとなくしんどいな〜と感じていました。

「行くのいややなぁ〜」とか「なんで、行かなきゃいけないんだろう・・・」とか

考えても仕方のないことをずっと考えて嫌な気持ちに浸り過ぎてしまう傾向がありました。

そのことが頭の中でぐるぐるしていて、ちょっと寝にくかったり過食気味になったりとか

病院のお世話になるほどではないけれど、『もやもや』とした気分で過ごすことが多かったんです。

 

今のわたし

最近は、思考の整理をずっとやっているのもあって、とても気分よく暮らしています。

24時間ずっと気分が良いわけではもちろんありませんが、気分が普通の状態に戻るのがとても早くなりました。

日常のちょっとしたことは、その時々によって戻り方も違いますが、先ほど書いた『そのような会』に行くという場面では、その日の朝まで何の影響もなくなりました。

出発する前の身支度のときに、ちらっと「はぁ〜」とため息が出たりするくらいにテンションの下がり度が減ってきました。

『そのような会』から戻ったあとは、大好きなパピコを食べる(笑)とちょっと普通の気分に戻って、友人との電話やBlogを書くことで気分の良い状態に戻るようになりました。

 

実は、黄色い部分はメンタルオーガナイズで扱うポイントなんです。

気分よく過ごすために、「何をしたらよいか?」ということを知っておくことが大事になってきます。

 

自分で自分のことをコントロールできると生きるのがとっても楽になります。

100%コントロールできている人なんて、たぶんいないと思いますが

少しでも『自分で自分をコントロールできた!』と感じることができると自信にもつながりますよね。

 

そのような力がつくと、

あることで、期待したのと違っていてがっくりすることとか

家族が言うことを聞いてくれないから、自分が何もできないとか

色々ともやもやしていることが少しはスッキリするかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です