ご訪問ありがとうございます♪

第十五話【どんどん捨てて、一人だけスッキリ】をご覧いただきありがとうございます。

このストーリーから片付けのヒントをみつけていただければ嬉しいです^^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ときめくかときめかないか』で

かなりの量を捨てる事に成功したみほこちゃん。

気分もスッキリしてきました。

『今まで自分の人生を生きていなかったような気がする』

そんな風に思えました。

まるで自分が生まれ変わったかのような気分でした。

みほこちゃんは一体どんなものを捨てたのでしょうか。

ちょっとのぞいてみましょう。

まずはじめに捨てたもの・・・

本です。

新婚当時に買った壁面家具に本を入れていたのですが
可動式の棚じゃなかったので使いにくかったのです。
それをずーっと処分したくてしたくて・・・
という気持ちに気づきました。
それには、本の処分が先だなと思って
本を片っ端からブックオフへ持っていきました!!
本は全部で3万円のお金に換わりました。

続いて捨てたもの・・・

壁面家具です。

入れていた本がなくなり、自分で分解できたので
可燃ごみとして無料で処分できました!!

続いて捨てたもの・・・

子どものおもちゃです。

正確に言うと、子どものためにと思って買った
自分の満足のためのヨーロッパのおもちゃの数々です。
シュタイナー教育・オルタナティブ教育に憧れを抱いていた
みほこちゃんは、自分の子どもにそっち系に興味を持ってもらうために
ニキティキのおもちゃを揃えておりました。

しかし!!
みほこちゃんの期待とは裏腹に全くと言っていいほど
ニキティキでは遊んでくれない子どもたちでした。
現実を受け止め、ついに手放す決心ができました。
こちらはヤフオクで買った時の8割くらいのお値段で売れました!!

続いて捨てたもの・・・

災害用の備蓄です。

こちらは押し入れにいっぱいあったので、
ある程度の量を残し、食べて処分していきました。
1ヶ月くらい買い物をしなくて済んだので
浮いた食費は数万円!!
押し入れもスカスカになりました^^

続いて捨てたもの・・・

キャンプ道具一式です。

みほこちゃんは元々キャンプがあまり好きではなかったのですが
生まれた子どもがアトピーで、怖がりさんで、活発な方ではなかったため
”もやしっ子”になるのを怖れて、キャンプに頻繁に行くようにしていました。
無理して連れて行くキャンプほど、
子どもにとっても自分にとっても楽しくないものはないと思い、
思い切ってキャンプ道具一式をリサイクルショップで手放しました。
買い取り価格は一式で1000円くらいだったような。

続いて捨てたもの・・・

若い頃集めていたブランドバッグです。

若い頃、月1でバッグを買っていた時期がありました。
ブランド物は一生ものだからという神話を信じていましたが、
買ったあとにブランドにも流行があるということに気づきました。
生活が子育てオンリーになっていたため、
ファッションの事も浦島太郎のようにわからないし
とにかく今着ている洋服にあまりにもバッグが合っていない事実を受け止め
こちらも全部処分しました。
買った時の半額以下のお値段でしたが売れました!!

続いて捨てたもの・・・

ブランドの時計です。

こちらもバッグと同じような理由で持っていましたが
そもそも腕時計やアクセサリーをつけるのが苦手なみほこちゃん。
買ってから全く使っていませんでした。
こちらはヤフオクで買った時と同じくらいのお値段で売れました!!

続いて捨てたもの・・・

自分のこどもの頃の作品です。

小学生の頃に図工の時間に作った作品の数々が残してありました。
段ボール2箱分もありました。
思い出のものって大事だけれど、
今まで思い出す事もなかったことに
気づいてあっさりと処分できました。

続いて捨てたもの・・・

子どものサイズアウトした服です。

サイズアウトした服に思い入れはなかったものの
捨てる事に罪悪感があってなかなか捨てられなかったと気づいたみほこちゃん。
こちらはリサイクルショップに持っていき、
売れなかった物は資源ゴミとして処分できました。

続いて捨てたもの・・・

大量にあった洗い替えのシーツやカバーです。

シーツやカバーは朝洗って干して夕方取り入れて
それをまた使うので、
洗い替えの出番がありませんでした。
ほぼ新品のものも多数ありましたが、
とくにときめかなかったのでこちらは資源ゴミに出しました。

続いて捨てたもの・・・

資格を取ろうと思っていた教材の数々です。

挑戦したいと思って購入したものの
全く手を付けずに押し入れの奥にしまってありました。
これは、ご縁がないってことだなと思うようにして
ブックオフで買い取ってもらいました。

続いて捨てたもの・・・

写真です。

顔写りのいいもの・見ていてときめくものを残すとほんの数枚になりました。
卒業アルバムや同じシーンが何枚もある小さい頃の写真も含めほとんどの写真を処分しました。

続いて捨てたもの・・・

卒業証書です。

黒い筒に入った小学校から大学までの証書たち。
今まで特に必要だった事もなく取っておきたい!!と思うこともなく
なんとなく重要書類のような感じがするからとずっと家にありました。
こんまりさんの『卒業した事実は残るから』という言葉で
捨てる事を決意できました。

続いて捨てたもの・・・

着物です。

着物の柄とか昔の時代が好きでした。
着付けも習いました。
普段も着物の生活をしようと何度か着物で生活してみましたが、
自分が着る事よりも、昔の世界観を見る事が好きなのだと気づき
着物一式をリサイクルショップや欲しいという人に差し上げることができました。

続いて捨てたもの・・・

若い頃の洋服です。

体型も顔のたるみも年齢も
若い頃に買った洋服には合わなくなっていることが
一目瞭然でわかっていました。
これは迷わず捨てる事ができました。
しかし、まだ自分に似合う洋服がわからない状態でした。

このようなものを手放したようです。

ざっと見るだけでもすごい量ですね。

持っているとその分管理が必要になるので

手放すと楽になるというのは納得です。

それまで押し入れが災害用のものとキャンプ道具一式で埋まっていて

しまいたいものがしまえなくて、床に浸食していたお部屋に光が射したようでした。

たくさんのものを捨ててスッキリしてきたみほこちゃん。

しかし
家族の顔はスッキリしていませんでした・・・

夫婦喧嘩 上手くいかない 片づけ 独りよがり

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【片付けられる私になるための質問】

・今まで手放す事ができたことはどんなものですか?

・何故手放す事ができたのですか?

・手放して気分はどう変わりましたか?

・今手放したいもの・ことはどんなことですか?

・それを手放すとあなたはどう変わるでしょうか?

・手放せないとしたら原因は何だと思いますか?

第十六話【みほこちゃんライフオーガナイザーになる!?】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第一話【出産で部屋が散らかる??】

第二話【汚部屋で夫婦喧嘩勃発?】

第三話【子どもも帰りたくない家】

第四話【家庭訪問はステキだな】

第五話【よそのお母さんから学ぶ】

第六話【ついに居場所をみつける】

第七話【父他界 汚部屋からゴミ屋敷へ】

第八話【波のようにモノが!片づけは疲れるなぁ】

第九話【実家が汚部屋ってことは彼氏には内緒ね】

第十話【実家が汚部屋なのに結婚!?】

第十一話【片づけって難しい!新婚生活もピンチ!】

第十二話【スキマ収納で家中がパズルに!!】

第十三話【出産・子育て・転勤・・・お疲れモード】

第十四話【断捨離・ときめき?でモノが劇的に減った!!】

第十五話【どんどん捨てて、一人だけスッキリ】

第十六話【みほこちゃんライフオーガナイザーになる!?】

第十七話【自分の価値観で生きるって心地よい!】

第十八話【奈良にライフオーガナイザーが誕生する】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です