【子供部屋の片付け】紙袋de収納する工作のお片づけ

この土日に娘の工作用品の片づけをしました。
狭い家では、あまりものが増えることは歓迎できません。
そのため、定期的にものを『見直す』作業が必要です。
片づけ方法はライフオーガナイズの手法を用いました!!

 

まずは全部出し

スーパーのカゴと同じくらいのカゴに工作用品をいれています。
でも、カゴが見えないくらい溢れてしまってします。
こうなっちゃうと使いにくそうですよね。
ということで、重い腰をあげて娘と一緒に片づけることにしました。
子どもって、片づけより遊びの方が好きですよね。
なので、この時間なら!!と思うタイミングを見計らって誘ってみてください♪

↓カゴに入った工作用品

工作 作品 片づけ 子ども

↓カゴから全部出した工作用品
工作 作品 片づけ 子ども

 

分類シートを使って仕分け

工作 作品 片づけ 子ども
分類シートで分けるときは、だいたい4つに分けます。
理由は要る要らないで分けると
決められないものが出てくるからです。
分けるキーワードを自分らしい言葉にすることで
分類がサクサク進みます。

娘のキーワードはこちらです。
①いらない
②置いておきたいもの
③ふつう
④使いたいもの

キーワードは最初に決めてもいいし
分けていくうちに決めても大丈夫です!!
サクサク進む人もいますが、はじめはなかなか進まない人もいます。
それは、そのものに思い入れがあるかないかで違うからです。
思い入れがあったりすると、思い出に浸ってしまったりとか
悲しい感情があふれてきたりとかしてしまうことがあって
それで、サクサク進まない時もあります。
そんなときはゆっくり分類してくださいませ^^

 

減らす

分類シートの①いらないのところに置いたものを処分しちゃいます。
この処分は捨てるとかリサイクルショップへ持っていくなどがあります。

こんなに減りました!!
工作 作品 片づけ 子ども
ビフォー

工作 作品 片づけ 子ども

 

アフター

工作 作品 片づけ 子ども

 

減らしたら元の場所へ戻す

本来は元の場所に戻すなのですが
今回はお部屋の模様替えをしたので
カゴではなく棚に戻すことにしました。

 

紙袋を使った収納

収納用品も”もの”なので、容易に買うのは控えたいものですね。
ということで、どこのお宅でもだいたいある”紙袋”を収納用品にしてみました。

工作 作品 片づけ 子ども 紙袋収納

 

内側に折ることで紙袋は高さを調節できます。
棚や使いやすさに合わせて調節してみてください。
切るよりは折った方が強度は強いと思います。

行動習慣が定着するまで3週間かかるそうです。
おしゃれな収納用品を買いたい気持ちをぐっとこらえて
3週間程度は紙袋や空き容器で使い心地を試してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です