世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

ウルグアイの大統領ムヒカさんのことが『とくだね』で放映されて
とっても値上がり中の絵本をご紹介します。

目次
・絵本のこと
・心に響くスピーチのことば
・ムヒカ大統領の動画
・まとめ

 

 

絵本のこと

地球サミット2012年のリオ会議(リオ+20)でのムヒカ大統領のスピーチは「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」という絵本になっています。
先日ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領の特集がたまたまつけたテレビでやっていました。

テレビで放送されていた事は、
ムヒカ大統領の自宅は掘建て小屋のような狭い建物なので、
人が来るときは友人の倉庫を借りてそこで集まるそうです。

ヒッチハイクの若者を乗せてあげたというエピソードもありました。

 

心に響くスピーチのことば

ムヒカ大統領のスピ-チ

昔の賢人エピクロス、セネカ、アイマラ民族はこんなことを言っている。
「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しないひとのことだ」

 

ムヒカ大統領の動画

 

まとめ

この絵本は、アマゾンの絵本ランキングで1位になっています。
私も子どもに読んでみましたが、
小学1年生の子にも分かりやすい内容になっていました。

小さい頃から、消費社会のことを考えたり
持続可能な生活もあるんだよということを知る事が、
環境問題を考えるきっかけになるのではないでしょうか?
買ってリサイクルすればいいってもんでもないんですよね・・・

子どもと一緒に環境問題について考えるきっかけになりました。

 

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

新品価格
¥1,728から
(2016/3/8 16:21時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です