プロフィール

furusumi mihoko

ライフオーガナイザー®
メンタルオーガナイザー®
看護師

実家が汚部屋という環境で育つ。
スッキリした空間で暮らしたいと試行錯誤していた時にライフオーガナイズの考え方と出会う。ライフオーガナイズを取り入れたところ、自宅の片づけや実家の片づけが進み、人間関係や気持ちもスッキリした経験から2014年ライフオーガナイザー®資格を取得。2015年からはじめた片付けサポート件数は1年間でのべ100件。現在は看護師として働きながら、収納プランやセミナー講師なども行う。

過去のセミナーイベントはこちら
・片付けサポートのビフォ−アフターはこちら
・お客様のレビューはこちら(HOUZZ)

 

ライフオーガナイザーになるまでのストーリー

わたしは、汚部屋でそだちました。
小さい頃からずっと片づいたお部屋に住みたいなぁと思っていました。
若い頃は家を勝手に片づけては、母と喧嘩する毎日でした。
ライフオーガナイズに出会って片づけ方法を学び、母との関係も良好になってきました。

片づけない子どもにため息をついたり
夫に八つ当たりしたり
そんな毎日からも解放されました。

毎日のちょっとしたストレスやイライラから解放されることは
どんな健康法よりも健康作りにいいのではないかと考えています。

また暮らしの土台作りであるお片づけは、
わたしたちが日頃忘れがちな自分というものを取り戻してくれます。
それは自分という人生を主体的に生きることができるきっかけにもなりうるものです。ライフオーガナイズを多くの人に知っていただけたらと思い、ライフオーガナイザーとして活動をはじめました。

 

 

よければこちらもご覧ください♪

看護師時代に気づいた事

みほこちゃんのマイストーリー

ライフスタイル