【ビフォーアフター】小学生のお子さまが片づけやすい子供部屋の仕組みづくり

こんにちは!

モニターさま宅で小学校に入学するお子さまのお部屋のお片づけをしてきました。

前回が初回ご訪問で、リビングクローゼットのお片づけをさせていただきました。

今回は2回目のご訪問でした。

 

 

 

片づけで一番大事にしていること

 

それは

”家族のひとりに負担がかからないこと”

特にママ(パパ)だけに負担がかかると、とても大変!

 

家族みんながどこになにがあるかが把握できていると

・ママがお出かけしやすくなる!

・パパも「行ってらっしゃい」と心から言えるようになる!

・お子さまもひとりでできることが増える!→自信にもつながる!

そのようなたくさんの効果があると思っています。

 

 

小さい子でも片づけられる仕組みって?

こちらはビフォーのお写真です。

お引っ越ししてから、どうやって片づければいいの?と開梱の余裕もなかったそう。

子供部屋 整理収納 片づけ

 

ところが、今回わたしがご訪問する前夜にお部屋のお荷物を出してくださっていました。

本当に、すごい頑張ってくださいました!

子供部屋 整理収納 片づけ

 

これだけでも、もう「片づいているんじゃない?」って思う程ですよね。

ここまで、お一人でできるお母さんってすごい!

 

 

作業はこんな感じで進めていきました

「ベッドを窓際に置きたいんです」とのことで

まず、ベッドを移動しました。

子供部屋 整理収納 片づけ

 

ベッドの移動によって、床が広々!!

カーペットを敷き、どんどんお部屋らしくなっていきました。

 

このあと、お子さんのおもちゃをお片づけ。

このお部屋に置いておきたい絵本をご本人に選んでいただき

お片づけスイッチが入ったお子さんはご自身でおもちゃをお片づけされました。

「これはここに置きたい」など、つぶやきながら可愛くお片づけされていました。

もう、お片づけのコツをつかんでいただいたようです。

 

お子さんが自分でお片づけできる仕組み

ポイントは

手に届く場所に置けること。

そして、置きたいところに置けること。

子供部屋 整理収納 片づけ

高さや置きやすさがちょうどよいことが大切ですね。

「片づけなさい!」と言われても、片づける場所が難しかったり(引き出しが開けにくかったり)

そもそも、どこにしまえばいいかわからないとお子さまも片づけられないし、散らかったままだとママも大変。

お子さまが片づけやすい仕組みを作っておくことで、あとあとママもゆとりのある暮らしができると思います。

 

 

アフター

子供部屋 整理収納 片づけ

 

写真に写っていない空いたスペースには学習机を置かれる予定です。

このお部屋で、たくさんお勉強してくださいね。

 

本当にお疲れさまでした!!!

 

おかたづけにおすすめの本


ママと子どもの心地いい収納 片づけられる子供部屋


小学生のための楽しいかたづけ 10歳からはじめるライフオーガナイズ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です