【収納計画】建てる前に収納プランを考えるメリット

最近新築やリフォームの際の収納プランのご依頼の機会が増えてきました。

先日、有限会社アーキ・クラフト様が手がける『そだついえ。』の収納プランを担当させていただきました。

家の建築をする前に予め収納プランを立てておくメリットとしては、引っ越し後に迷わず片づけることができて、早い方ならその日から普通に生活ができるようになることです。

収納のプランニングはまずヒアリングから

そだついえ。Blog

今お住まいのおうちにお邪魔して、2〜3時間くらいお話を伺ったり、持っていくモノを採寸させていただいたりします。

ヒアリングでは、あんなことから、こんなことまで・・・いろいろ聞かせてもらっています。

その人らしく輝けるように、毎日をもっと充実したものにしてもらうために、根掘り葉掘りと質問攻めでやっております!(少しの辛抱なんで・・・頑張っていただいております^^;)

収納プランはこんな感じです(一部です)

図面は手書きだし、全然上手ではありませんが、

現在お住まいのご家庭にあるモノを新居に移ったときに「どこに何を配置収納するか」ということが一目でわかるようにしてあります。

そして収納スペースに合う収納用品も選びますので、いろんなお店をはしごする必要がなく時間が節約できます。

設計段階でご相談していただくことで、収納スペースを作り過ぎたり、足りなすぎたりすることが少なくなると思っています。

こちらの本は家を建てる前の方、リフォーム前の方におすすめの本です⇩

収納家具いらずの片づけ図解百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です