マインドマップが苦手だったわたしができるようになった理由

マインドマップってご存知ですか?

 

そうそう。

何か、うねうね〜って線が伸びているやつです。

真ん中に絵が書いてあって、そこから連想する言葉を線でつないである表です。

先日、ライフオーガナイザーでマインドマップインストラクターである

植木 希恵(うえき きえ)さんの講座で学んできたので

その日のことを書いてみます。

 

 

思ったより簡単にできた!

絵が苦手で、知ってはいたけどなかなか手が出せなかったマインドマップ。

でもやってみると、結構楽しい。

なぜやってみれたか?

形から入る右左脳タイプのわたしは、なんと!机に置かれていたステッドラーのカラーペンが原動力になりました。
(利き脳参照→利き脳片づけ術って?右脳左脳の優位性を使った片づけの方法とは

こういう人もいるかなと思って、いろんな種類のペンを持ってきてくださったのかな。

利き脳はこういう場面でも役立つのですね。

さすが!って感じでした。

書き方

テーマを決める
まずどんなことについて書こうか
ミニマインドマップという方法で書くテーマを決めましたよ!

こんな感じのマップを書いてテーマを絞り込みましたよ!

マインドマップ

 

ぱっと見たら、蜘蛛にしか見えないですね^^;

こういうものを使って作成していきます。

色は好きな色でOK!

カラフルな蜘蛛をお楽しみください(笑)

 

 

今回のテーマは自己紹介でした

わたしの初マインドマップはこちら!

マインドマップ
絵心がなくても自己流で!

書き出したら、どんどん出てきて面白かったです。

それもこれも、ステッドラーのカラーペンのおかげです。

くすんだ色とか渋い色もあるので、服を選ぶ感覚でペンを選べたのが書けた要因です!

 

書けないと思われている人の中には、

時間がない、絵が苦手など理由が色々あると思いますが、

わたしみたいに、形から入るタイプの人であれば

もしかしてカラーペンの色に原因があるかもしれないなと今回感じました。

 

 

原色とかショッキングピンクが苦手な方は

ステッドラーのカラーペンがおすすめ!

 

マインドマップのメリット

そうそう。

肝心なことを書き忘れていました。

 

マインドマップとは

マインドマップトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

「マインドマップ」という呼称は、英国ThinkBuzan社が商標登録を管理している。

ウィキペディアより引用

 

頭の中のことを見える化するのは、ライフオーガナイズでもおなじみです。

それをぱっと見てわかるようにした図なんですね。

うねうね〜という線が苦手な左脳さんでもスイスイできるiMindMapというソフトもありますよ。

▶︎▶︎▶︎iMindMap

 

仕事を1枚にまとめることができる

マインドマップを使えば仕事を1枚にまとめることができます。

真ん中の絵を仕事関係の絵にして、枝を伸ばしていく。

複数の仕事があっても、枝を4方向に伸ばすことができるのでまとめて書くことができます。

しかも、自分のやっていることは別の業種であっても

どこかでつながってくる部分があることもわかります。

 

仕事における使命・ミッションもマインドマップでみつかるかもしれませんね。

 

持ち物表にもなる

テーマを旅行や出張にすると持ち物リストにもなります。

これをみて、「家族が勝手に準備を終らせてくれた」なんてことも夢ではありません。

 

結果に至った経過が思いだせる

これは、わたしにとっての一番のメリットでした。

わたしは、なにか問題ができたとき頭で考えて結果をだしますが

その経過を全く覚えていないのです。

思い出せても思い出すまでに時間がとてもかかります。

 

しかし、マインドマップがあれば

結果に至った経過をすぐに思い出すことができます。

 

作成したマインドマップは写真に保管したり、evernoteに保管したりすると

いつでも持ち運べます。

 

 

まとめ

マインドマップをなかなかはじめられないと感じている人は

どうしてはじめられないのかを知ることが大事。

わたしみたいに、ステッドラーのカラーペンがあれば

スイスイすすむかもしれませんね(笑)

 

活用できたら、時間の整理にもなりますし、

よりよい人生を加速させることができるツールです。

是非はじめてみてください。

 

 

マインドマップ講座のお問い合わせ

マインドマップ 思考の整理 苦手

ファシリテートスクールきら☆ぼし学舎 植木 希恵(うえき きえ)さんまで

HP:http://kiraboshigakusha.com/mindmap.html

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です