ザ!右右脳タイプvsザ!左左脳タイプ【分けることで8割片づくよ!】

こんにちは!ライフオーガナイザーふるすみです。

先日伺ったお客様のお宅での利き脳エピソードをお届けします!

 

片づけ作業を手伝ってくれたお子さまのエピソード

ご家族やご兄弟・ご夫婦でも、利き脳タイプが違います。

今回は作業を手伝ってくださったお子さまの分け方が

あまりにも美しくて、ついつい写真をパチリ。

右右脳タイプ 分け方 片づけ

 

コード類が絡まっていたので、

「ほどいてもらえますか?」とお願いしてみました。

 

すると

にきれいに分けてくださっていました!

 

色でわけてくださるんだなと関心してしまいました!

利き脳チェックはさせてもらっていないのですが

もしかすると、右右脳タイプさんかな?などど妄想しながら片づけ作業に戻りました。

機能性よりも、芸術性などを優先して分けてくださったのかな^^

 

 

もし、これが左左脳タイプの方なら

・携帯用、パソコン用など用途別

・3メートル、5メートルなど長さ別

 

などに分類してくださるのでしょうか。

 

 

要る要らないだけでは片づかないとき

右脳が優位な場合

使っている使っていないに関わらず

気持ちを優先したキーワードでわけるのがおすすめです。

 

「要る」「要らない」のキーワードで分けてしまうと

全部要る!!

となってしまう人が多いのです。

 

そんなときは

・デザインが好き

・なんとなく可愛い

・見ていてうっとりする

・嫌い

こんなキーワードで分けてみてください。

 

 

 

全部要らないと思ってしまうとき

左脳が優位の場合

「シンプル」「持たない」というキーワードが好きなことが多いので

ストイックになり、捨て過ぎてしまうことも多いそうです。

 

そんなときは使用頻度や用途別で分けてみてください。

・洗面所で使う

・デスクで使う

・キッチンで使う

・玄関で使う

・週1回使う

・年1回使う

・この本は今後読み返すか

・今後、どういう時に何回使うか

 

などのキーワードを参考に分けてみてください。

 

分けることで8割くらい片づけが終っているという事実

片づけで重要なのは

『分けること』です。

分けたら、

そこに必要ではないものは

必要な場所へ移動することができます。

その結果、物が減ったり

必要なものだけが残ることになります。

 

必要なものだけが残ったら、空間に余裕が生まれます。

あとは、使いやすさを考えながら戻していくだけです。

 

・手前によく使うもの

・奥はそんなに使わないもの

を収納してみてください。

 

すごい収納テクニックはそんなに必要ありません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です