【家事楽】洗濯が楽になる方法

いきなりですが、みなさん洗濯にストレスを感じていませんか?

わたしは洗濯を干すことがどうも億劫で

朝起きてから干すまでに(洗濯回数が3回ということもあるのですが)

結構時間がかかり、11時を過ぎることも多かったです(汗)

独身の頃は、洗濯物の量もしれているので

何時に干してもそんなに困らない感じでしたが

家族が増えるとそうもいかなくって(トホホ・・・泣)

というわけで洗濯についてズボラ目線で語りたいとおもいます!!

 

洗濯にまつわる行程を分解してみました

洗濯と一口に言っても、

分解していくとやることは結構多いんです。

細かく分解するとこんな感じです。

①汚れ物を集める

②汚れ物を仕分ける

③汚れ物のポケットを調べる

④汚れ物をネットに入れたり、ファスナーを閉じたりする

⑤汚れ物を洗濯機に入れる

⑥洗濯機に洗剤を入れてスタートボタンを押す

⑦お風呂の残り湯を使っている人は残り湯のセット

⑧洗濯が終わったら、洗濯物をかごに入れて干場に移動する

⑨洗濯物を干す

⑩洗濯物が乾いたら取り入れる

⑪洗濯物をたたむ

⑫たたんだものを収納する

⑬アイロンが必要なものはアイロンをかける

・・・とまあ分解すると結構行程があるもんなんですね。

洗濯のどの行程にストレスを感じますか

洗濯の行程が13個もあったことにびっくりですよね〜
こうやって分解してみると結構洗濯って大変なんですね。

でも洗濯が苦手って人でも、洗濯のどこが苦手かわかれば

苦手なところを補ってくれるもの(例えば家電)に頼ってみたり

ベランダに干していたのを部屋干しに変えるなど

方法を変えてみると少し楽になるかもしれません。

わたしは⑨番(干す)と⑩番(取り入れる)が特に苦手でした。

干すのと取り入れるのが本当に億劫だったんです。

わたしの洗濯干す時間は11時でした・・・

(弁解しておくと、洗濯機を回す回数が3回以上でございますのですです^^:)

昔だったら、「あそこのお嫁さん・・・」なんて噂の的だったハズ。。。

そこで、ある時わたしは誰になんと言われようとも

洗濯は干さないって決めたんです(爆)

そして凄腕の乾燥機さんが我が家にきてくれることになりました。
旅行中もホテルで100円を入れてこんな乾燥機を利用していて使い慣れていたのでドラム式ではなく乾燥機単体で購入しました。

HITACHI あとは着るだけ 衣類乾燥機 ピュアホワイト DE-N45FX-W


我が家のランドリーコーナーです。

この乾燥機なら乾燥が終わった後、すぐに取り出せばアイロンしなくても大丈夫なのでかなり助かっています。
本当にありがたい働き者です。

コレのおかげでわたしは
洗濯のストレスがほぼゼロになり、洗濯物を干さなくても洗濯を完了できるようになりました。

みなさんは何番がストレスですか??

気分をあげてくれるランドリーグッズのご紹介

KORBO(コルボ)のワイヤーバスケット
スウェーデンの職人さんの手作り作品です。
耐久性が高く、漁業や農業でも使われている丈夫なカゴです。
手作りのぬくもりを感じるカゴがあれば洗濯も楽しくなるかもしれません。

ドイツよりフレディレックランドリーピンチ
シンプルライフを目指すものとしては、洗濯グッズもシンプルで美しいもので揃えたいですよね。

フレディレックシリーズのランドリーピンチ32個

またまたフレディレックシリーズの洗濯ブラシです。
こんな可愛いグッズがあれば洗濯が少し楽しくなるかもしれません。


たまには外部サービスに頼ってみるのも手です

頼れそうな外部サービスを集めてみました。

(ご利用はご自身の責任でお願いいたします。)

・ダスキン家事代行サービス
ダスキンの家事代行サービス

・住友不動産建物グループ家事代行サービス
http://www.sumitate.co.jp/service/osouji/service/housekeeping.html

・ニチイ学館家事代行サービス
http://www.nichiiweb.jp/kaji/

・家事代行サービスCaSy
家事の時間を、家族の時間に。家事代行サービスCaSy

まとめ

行動を分解することで洗濯にも色々な行程があることがわかりました。
家事が苦手って思っている人でも行動を分解してみると
苦手なのは一部分だけって人も多いのではないでしょうか。

苦手な部分が見つかったら、
家電に頼ったり
洗濯をたたまなくてもいい仕組みをつくったり
たまには外部サービスを利用してみたりして
少しでも負担を軽くしてみるのもいいかもしれません。
頑張りすぎないでくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です